生命保険は若い間に加入しておいた方が良いでしょうか? - 生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 横浜

HOME > 目的別保険相談 > 生命保険は若い間に加入しておいた方が良いでしょうか?

生命保険の新規加入

生命保険は若い間に加入しておいた方が良いでしょうか?

2014年12月19日

【ご相談事例】

「生命保険は若い内に入っていた方が得」と良く聞きますが、独身のうちに加入しておいた方が良いでしょうか?

【ご回答】

生命保険は一般的に「遺された家族のための備え」といったイメージが強いため、独身のうちに加入するという意識がなかなか湧かない、という方も多いと思います。

実際のところ、まだお若く独身でいらっしゃるのであれば、高額保障の生命保険に加入する必要性は低いと考えられます。

「葬儀資金や老後資金を生命保険で備えておきたい」といった見通しがあれば、200万円~500万円程度の養老保険・終身保険に加入しておくと安心ではありますね。

また、若い内に生命保険に加入するメリットは、健康なときに保険を確保できるという点にあります。
生命保険は基本的に健康体でなければ加入できません。

年を重ねて病気になってしまってからでは、生命保険に加入しようと考えても、診査に通ることはかなり難しいというのが実情です。

加えて、若い内から終身タイプの生命保険に加入しておくと、支払った保険料の多くが積み立て部分に回されるというメリットがあります。

30代半ばで加入した終身タイプの生命保険を65歳で解約したら、解約返戻金の戻り率が100%を超えていた、なんてケースも少なくありません。

独身で全くの健康体にも関わらず、掛け捨ての定期保険にだけ加入するといった場合は、ほとんどメリットはありません。

しかし、若い内から終身保険で保障を確保しながら老後資金を積み立てたい、資産運用したいというのであれば、若い内に生命保険に加入して得するケースは多々あると言えるでしょう。

生命保険に関する疑問などがございましたら、弊社FPへ是非ご相談下さい。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
東京海上日動 eサイクル保険
東京海上日動 eゴルファー保険
東京海上日動 一日自動車保険 ちょいのり保険
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 坂巻健一郎

運営会社情報

株式会社T&S
株式会社T&S

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00

〒233-0002
横浜市港南区上大岡西1-13-15

TEL/ 045-846-6030
FAX/ 045-846-8164

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

損害サービス対応力認定

専業代理店年間優績表彰制度14年連続入賞 (2002年度~2015年度)

神奈川県中小企業家同友会会員

横浜型地域貢献企業 最上位認定
よこはまグッドバランス賞

平成28年度
よこはまグッドバランス賞受賞

かながわ女性の活躍応援団
かながわ女性の活躍応援サポーター
応援団行動宣言賛同書
かながわ健康企業宣言
横浜健康経営認証

第1回横浜健康経営認証
クラスAに認定されました。

T&S行動計画
全国保険相談ネットワーク