火災保険の保険料が毎年上がっている気がしますが、補償内容も変わっていますか? - 火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 横浜

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険の保険料が毎年上がっている気がしますが、補償内容も変わっていますか?

火災保険の新規加入

火災保険の保険料が毎年上がっている気がしますが、補償内容も変わっていますか?

2016年02月16日

【ご相談事例】

法人としていくつか物件を所有しているのですが、毎年、新規加入すると保険料が上がっている気がします。
その分、補償内容が変わっているのかと疑問に思うのですが、実際はどうなのですか?

【ご回答】

ここ数年、甚大な損害を及ぼす天災が通年的なものになりました。
そのため、異常気象に対する想定リスクから毎年のように保険料が上がっています。

2015年は主要各社で平均3.5%の値上げになりました。
では、その分補償内容にも変化があるのか?と問われると、大きな改定は今のところありません。

ただし、数年に一度の災害であったものが恒常化してしまうと商品設計を変えざるをえないのではないかと思います。
ここで保険代理店の存在意義が問われます。

「無駄な出費をおさえる」ということは火災保険に限ったことではありません。
とはいえ、万が一の災害で財産を失うだけでなくローンが残ってしまうことも避けなくてはなりません。

弊社は定期的な見直し、資産に合った補償内容を提案できるよう常に心がけております。

商品の改訂により、古い火災保険が陳腐化してしまうこともあります。
長期契約されている方も、ぜひ定期的なご契約内容の確認・見直しをご検討ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
東京海上日動 eサイクル保険
東京海上日動 eゴルファー保険
東京海上日動 一日自動車保険 ちょいのり保険
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 坂巻健一郎

運営会社情報

株式会社T&S
株式会社T&S

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00

〒233-0002
横浜市港南区上大岡西1-13-15

TEL/ 045-846-6030
FAX/ 045-846-8164

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

損害サービス対応力認定

専業代理店年間優績表彰制度14年連続入賞 (2002年度~2015年度)

神奈川県中小企業家同友会会員

横浜型地域貢献企業 最上位認定
よこはまグッドバランス賞

平成28年度
よこはまグッドバランス賞受賞

かながわ女性の活躍応援団
かながわ女性の活躍応援サポーター
応援団行動宣言賛同書
かながわ健康企業宣言
横浜健康経営認証

第1回横浜健康経営認証
クラスAに認定されました。

T&S行動計画
全国保険相談ネットワーク