火災保険の保険料は建物の構造によって違いますか? - 火災保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 横浜

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険の保険料は建物の構造によって違いますか?

火災保険の加入中

火災保険の保険料は建物の構造によって違いますか?

2015年06月23日

【ご相談事例】

今まで賃貸で鉄筋コンクリートの戸建てに入居していたのですが、今年度から木造の戸建てを借りて引っ越しました。
保険料がとても高くなり驚いているのですが、保険料の変更などがあったのでしょうか?

【ご回答】

鉄筋コンクリートよりも木造の戸建ての方が保険料が高いのは、建物の構造によるものです。
これは日本で火災保険が普及した理由の一つでもあります。

居住者の過失にしろ、外来的なものにしろ、木造住宅は火事が起こりやすく、また被害も大きなものになるからです。

また、同じ木造住宅でも耐火性に優れた2×4(ツーバイフォー)住宅は通常の木造住宅よりも保険料が安く設定されています。

その他、住所地などによっても保険料が変わります。
火災保険の見直し、加入については一度ご連絡ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
東京海上日動 eサイクル保険
東京海上日動 eゴルファー保険
東京海上日動 一日自動車保険 ちょいのり保険
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 坂巻健一郎

運営会社情報

株式会社T&S
株式会社T&S

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00

〒233-0002
横浜市港南区上大岡西1-13-15

TEL/ 045-846-6030
FAX/ 045-846-8164

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

損害サービス対応力認定

専業代理店年間優績表彰制度14年連続入賞 (2002年度~2015年度)

神奈川県中小企業家同友会会員

横浜型地域貢献企業 最上位認定
よこはまグッドバランス賞

平成28年度
よこはまグッドバランス賞受賞

かながわ女性の活躍応援団
かながわ女性の活躍応援サポーター
応援団行動宣言賛同書
かながわ健康企業宣言
横浜健康経営認証

第1回横浜健康経営認証
クラスAに認定されました。

T&S行動計画
全国保険相談ネットワーク