空き巣被害を火災保険の盗難で補償。盗まれたものが戻ってきた場合、支払われた保険金はどうなりますか? - 火災保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 横浜

HOME > 目的別保険相談 > 空き巣被害を火災保険の盗難で補償。盗まれたものが戻ってきた場合、支払われた保険金はどうなりますか?

火災保険の保険金請求

空き巣被害を火災保険の盗難で補償。盗まれたものが戻ってきた場合、支払われた保険金はどうなりますか?

2018年02月06日

【ご相談事例】

空き巣被害があり、火災保険の盗難で補償してもらいました。
その後、盗まれたものが戻ってきたのですが、支払われた保険金はどうなりますか?

【ご回答】

盗難の被害で火災保険から保険金が支払われ、その後盗まれたものが戻ってきた場合は、支払われた保険金に占める盗難品の割合などを計算し、その割合に応じた部分が保険会社のものになるのが一般的です。

また、すでに支払われた保険金のうち、戻ってきた盗難品の保険金に相当する額を保険会社に払い戻して、盗難品を自分のものにすることもできます。

いずれにしても、戻ってきた盗難品を勝手に自分のものにしたり、処分したりすることはできません。

火災保険で補償してもらった盗難品が戻ってきた場合には、早めに保険会社に連絡をして、具体的な指示を仰ぐといいでしょう。

ちなみに、火災保険の盗難の補償では、盗まれたものに対する補償だけでなく、空き巣に入られた際に壊された建物や家財なども補償対象になります。

また、
現金や印紙、乗車券などの場合には「1回の盗難で上限が20万円」
預貯金証書の盗難の場合には「200万円または家財の保険金額のいずれか低い額」
などといった上限が定められています。

こうした補償があると、盗難被害のリスクを軽減できるので、火災保険に盗難補償を付けていない方は、この機会に検討してみるといいかもしれません。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
東京海上日動 eサイクル保険
東京海上日動 eゴルファー保険
東京海上日動 一日自動車保険 ちょいのり保険
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 坂巻健一郎

運営会社情報

株式会社T&S
株式会社T&S

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00

〒233-0002
横浜市港南区上大岡西1-13-15

TEL/ 045-846-6030
FAX/ 045-846-8164

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

損害サービス対応力認定

専業代理店年間優績表彰制度14年連続入賞 (2002年度~2015年度)

神奈川県中小企業家同友会会員

健康経営優良法人 2018年認定
横浜型地域貢献企業 最上位認定
よこはまグッドバランス賞

平成28年度
よこはまグッドバランス賞受賞

かながわ女性の活躍応援団
かながわ女性の活躍応援サポーター
応援団行動宣言賛同書
かながわ健康企業宣言
横浜健康経営認証

第1回横浜健康経営認証
クラスAに認定されました。

T&S行動計画
全国保険相談ネットワーク