学資保険VS教育ローンの比較でわかることは? - 学資保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 横浜

HOME > 目的別保険相談 > 学資保険VS教育ローンの比較でわかることは?

学資保険の新規加入

学資保険VS教育ローンの比較でわかることは?

2011年08月04日

【ご相談事例】

学資保険VS教育ローンの比較でわかることは?

【ご回答】

これは気になるところです。最も安い金利で安心して借りられるのが、国民生活金融公庫「教育一般貸付」ですが、実際に学資保険に加入した場合と比較してみましょう。

国民生活金融公庫「教育一般貸付」(平成22年1月時点で計算)

金利:2.75%
期間:10年
借入額:200万
毎月返済額:19,221円
返済総額:2,287,229円
金利負担分:287,229円
※実際にはこれに保証料(134,934円)が別途上乗せされます。

学資保険プラン(T社 平成22年1月、30歳男性で計算)

予定利率:1.75%
期間:15年
毎月積立額:10,441円
積立総額:1,879,380円
満期額(3年据置後):2,027,200円
※万一の際には320万円の保障が付いています。

少し乱暴な比較かもしれませんが、具体的に目標設定をして、早く、確実に始めた人と、そのうちに・・・と考えながら、準備されなかった人では約50万円近い差が出るということになります。
もし大学進学に必要とされる費用をこの方式で比較すれば、その差は100万円を超えてしまいます。

もちろん、他にも有利な運用方法や手段があるかもしれませんが、最も大切なことは出来るだけ早く、目標時期を定め、確実に積み立てを行うことなのです。そういった意味で学資保険が選ばれているのです。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
東京海上日動 eサイクル保険
東京海上日動 eゴルファー保険
東京海上日動 一日自動車保険 ちょいのり保険
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 坂巻健一郎

運営会社情報

株式会社T&S
株式会社T&S

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00

〒233-0002
横浜市港南区上大岡西1-13-15

TEL/ 045-846-6030
FAX/ 045-846-8164

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

損害サービス対応力認定

専業代理店年間優績表彰制度14年連続入賞 (2002年度~2015年度)

神奈川県中小企業家同友会会員

横浜型地域貢献企業 最上位認定
よこはまグッドバランス賞

平成28年度
よこはまグッドバランス賞受賞

かながわ女性の活躍応援団
かながわ女性の活躍応援サポーター
応援団行動宣言賛同書
かながわ健康企業宣言
横浜健康経営認証

第1回横浜健康経営認証
クラスAに認定されました。

T&S行動計画
全国保険相談ネットワーク