地震保険の保険料を申告すると所得税や住民税が軽減できるのですか? - 地震保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 横浜

HOME > 目的別保険相談 > 地震保険の保険料を申告すると所得税や住民税が軽減できるのですか?

地震保険の新規加入

地震保険の保険料を申告すると所得税や住民税が軽減できるのですか?

2016年08月19日

【ご相談事例】

地震保険の保険料は申告すると、所得税や住民税の負担を軽減できると聞きました。
具体的に教えてください

【ご回答】

地震保険には「地震保険料控除」の制度があり、1年間(1月1日から12月31日まで)に支払った地震保険料の一定額を、その年の課税所得から控除することができます。

具体的な控除金額は以下の通りです。

■地震保険の保険料
・5万円以下 … 支払った保険料全額
・5万円超  … 5万円
(旧長期損害保険料の控除も受ける場合には、地震保険料と旧長期損害保険料をあわせた控除金額は5万円が上限となります)

地震保険料控除を受けるためには、「地震保険の支払金額や控除を受けられることを証明する書類」を年末調整の際に提出するか、確定申告書の際に添付する必要があります。

「地震保険の支払金額や控除を受けられることを証明する書類」は、地震保険の保険証についているケースが多いので、受け取った保険証を確認してみるといいでしょう。

見当たらない場合には、契約している保険会社に問い合わせればあらためて発行してくれます。

年末調整や確定申告の期限が迫ってから手続きをすると間に合わなくなるので、早めに確認しておくといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
東京海上日動 eサイクル保険
東京海上日動 eゴルファー保険
東京海上日動 一日自動車保険 ちょいのり保険
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 坂巻健一郎

運営会社情報

株式会社T&S
株式会社T&S

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00

〒233-0002
横浜市港南区上大岡西1-13-15

TEL/ 045-846-6030
FAX/ 045-846-8164

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

損害サービス対応力認定

専業代理店年間優績表彰制度14年連続入賞 (2002年度~2015年度)

神奈川県中小企業家同友会会員

横浜型地域貢献企業 最上位認定
よこはまグッドバランス賞

平成28年度
よこはまグッドバランス賞受賞

かながわ女性の活躍応援団
かながわ女性の活躍応援サポーター
応援団行動宣言賛同書
かながわ健康企業宣言
横浜健康経営認証

第1回横浜健康経営認証
クラスAに認定されました。

T&S行動計画
全国保険相談ネットワーク